呟き

オランダから来たサムライ

話は9年前に遡ります

 

当時彼は19歳で単身日本へやってきました 名前はロビンといいます

日本各地を旅し最後に自分の彫場を訪ねてくれました

 

かいな七分袖で墨一色の牡丹を希望しました

時間と予算の都合上、胸は彫ることができず肩口で止める形になりました

滞在中にしっかり仕上げていきました

 

その当時も非常に感じの良い印象を受けたのを覚えています

自分の当時の仲間を紹介し、何度か共に飯を食い酒を飲んだりしました

まだ若かったせいか酔いつぶれてしまうこともありました

 

それから時は流れて、ここ数カ月の出来事やと思うのですが、自分のinstaglamにタグ付けされたと通知が来ました

見に行ってみると、自分とロビンが居酒屋で飲んでる写真が上がっていました

懐かしいな~と思いコメントつけました

 

そこからやりとりが始まりました

なんと彼は6月に大阪に来るとの事でした

さらに驚かされたのは5年前から彼も彫師として活動していると聞かされた時です

自分で言うのは恥ずかしいですが、自分に影響を受けて彫師の道を選んだと伝えられました

そして1週間程、毎日自分の彫場で施術を見ていきました 時には写真を撮ったり動画を撮ったりしていました

 

今回は同じ彫師という立場で会っているせいか、毎日のように飲みに行きました

もちろん仲間も紹介し、一緒になって飲みました

今回は潰れることもなく、大人になったなあと勝手に親心を感じたりしてました

 

きっとロビンは、こんなにみんなから歓迎されるとは思ってなかったようで、本当に喜んでくれました

帰りの日も仕事場にきました 前日に晩飯を食ってる時に、明日は渡したいものがあると言われました

何かプレゼントされるのかなあ?と思い、中々粋な事するなあと思うのと同時に

ちょっと寂しいなあなんて思ってました

 

プレゼントは1枚の絵でした 日本語で感謝の気持ちまで書いてありました

やっぱり彫師同士はこれが一番ですね しっかりとロビンの気持ちを受け取り、最後は握手をしました

 

たった1週間とは言え、ほぼ毎日彫場で話し合い、お互いの彫り物に対する気持ちや思いをぶつけ合っていたので

情が移ってしまったのでしょうか、切ない気持ちになりました

 

また来年の4月にロビンはやってきます 今度は1ヶ月という長い滞在になる予定です

新しい彫り物の以来も受けているので、しっかりと良いものを彫りたいと思います

また告知しますが、当彫場でロビンがゲストワークをする予定になってます

ブラック&グレイやポートレイト等写実的な表現が得意な彫師です

興味のある方は当方まで連絡ください!

 

そしてこの縁を生かさずにいるのはもったいないと思い、かねてから海外で仕事をしたいという気持ちがあったので

来年は自分がオランダに行こうと思ってます

詳しい予定はまだ未定ですが、オランダという未知の土地で何かを掴んでこようと思っています

そして新しい道を作れるように!

 

 

 

 

最新の呟きへ
大阪 タトゥー 読み方 般若とお題目 龍と不動三尊 蓮水 菊水 胸割り 般若心経 文殊菩薩 墨焔竜
呟き
案内
大阪十三
初代 彫たく

TEL・FAX 06 - 6390 - 1023
携帯 090 - 1899 - 9799
受付時間 11:00 - 20:00

E-mail irezumi@horitaku1.com


インスタグラム

facebook

ツイッター

友だち追加
LINE
初代彫たく